ポジティブな言葉もネガティブな言葉も、両方とも必要だと自覚する

あなたは自分の運気を上げる為に、「良い言葉だけを使い、否定的な言葉の使用はしない」と心掛けていませんか?。

運気アップの為に、「ツイてる」とか「私は幸せです、ありがとう」等の言葉を口癖になるくらい、口ずさんでいる方も多いかと思います。

それ自体は悪いことではないのですが、「否定的な言葉」を一切使わないと努力をすること=自分の否定的な感情も一切無視することになります。

「言葉」は、自分を表現するために存在しているもの。

ネガティブな言葉も、人にとって「表現に必要だから」存在をしています。

あなたの中にもネガティブな部分はあるし、それは当然のこと。

自分の負の部分、闇の部分もきちんと認めて受け入れて、「自分を丸ごと認める」ことになります。

そこから「ポジティブな言葉」の威力が、発揮します。

ポジティブな、美しい言葉は「意識的」に身に付ける。無理はせず、
言葉遊びの感覚で使うこと

人間ですから、当然「喜怒哀楽」の感情はあります。

怒りや苦しみ、哀しみ、恨み等の感情はあって当然で、持つことは何ら悪いことでもありません。

無理やりネガティブな言葉を抑圧して「良い言葉」を言っていても、更にもっと状況が悪化するものです。

何故ならば自分の「本当の感情」を無視しているので、「本音」を自覚せざるを得ない出来事が起きるからです。

ネガティブな言葉が必要な時は、自分の感情をまず認めてください。

そして表現の仕方は、工夫をしていくこと。

読書や自分で文章を書く等して、言葉の表現力を身につける努力をすることは大切です。

ポイントは気楽に楽しみながら、身につけていくことです。

義務感や「やらねば」といった強制的な気持ちで行うのは、NGです。

「言葉」は「言霊」。

自分の感情と上手く関わりながら、「言霊」の力を生かしていきましょう!。


(美月撮影)

美月優璃