理由は無くとも、「何となく感じる」ことは”正しい”

毎日の生活の中で仕事やプライベートのことで、大なり小なり「決断」や「判断」を下す時があります。

その時に「決断や判断」の決め手になるのは、「ヒラメキや直観力」です。

「何となく」感じたことに基づいて決めた事が、結果的には良い結果をもたらします。

ここで大切なのは「ヒラメキや直観力」は、「自分の気分と感情で決めること」とは違うと自覚することです。

気分や感情に任せて、物事の判断をするのは基本的にNGです。

「何となく」感じる、あなたのヒラメキと直観力に自信を持てるまで、違いの区別をする練習を続けましょう。

「ヒラメキや直観力のアップ」の為には、「自分軸で考え選択する」
習慣を身に付け、繰り返すこと

先ずは簡単なことで良いので、「即断・即決」で物事を決めてみましょう。

例えば下調べ無しに映画館に行き、上映作品をサクッと見て、鑑賞する作品を選ぶ。

またレストランで迷わずにメニューを選択する等、「生活の中で、損害の無い場合」で実践をしていきましょう。

この積み重ねが「ヒラメキや直観力」を鍛えるエクササイズになっていきます。

そして自分の人間関係と環境を冷静に観察して、その中で「ブレない自分軸」を育てていく努力をすること。

例え周囲の理解を得られなくとも、自分の信念を大切にしましょう。

あなたの味方は、あなた自身。

「孤独」を恐れないことが、自分軸を確立する一歩です。


(写真はイメージです)

美月 優璃