穏やかな状態でいられない=「本当の」あなたの性格ではない

「何となく満たされない、モヤモヤした気持ちでいる」、そんな状態がずっと続いていることはありませんか?。

それは「頭で(理屈では)わかる、けれど、、、」という気持ちを、ずっと抱えて我慢をしてきている証拠です。

自分が知らず知らずの内に「我慢」をしてしまい、自分の「本音」に蓋をしてきたことを自覚しましょう。

特に「長子」で育ってきた方は要注意です。

妹や弟たちの「見本」になるように、子供の頃から有形無形のプレッシャーを、親から受けてしまっています。

その中で「我慢」することを必然的にさせられる機会が多い為、他人の気持ちを優先して自分の「本音」を抑える癖がついてしまっている方が、少なくないです。

何をしても上手くいかない、やることなすことが裏目にでる、そんな時は自分の本音を抑えて行動している証拠です。

思い当たる方は自分の「本音」に敏感になるよう、意識していくことをおススメします。

大切なことは「我慢しない」こと。嫌われることを恐れないで、本音をいう勇気をもつ

先ずは自分の感情に「敏感」になりましょう。

お勧めの方法は「自分の気持ちをメモにとる」ことです。

些細なことでいいので「自分が思ったこと」について簡単なメモをとり、自分の感情を「客観的に」見直すことがおすすめです。

物事が上手くいっていないなら、「自分の気持ち」に質問をして自分の嘘に気が付くまで、自問自答しましょう。

地道な作業ですが嫌になるかもしれませんが(笑)、自分に嘘をついてきた期間が長ければ長いほど、「自分の本音に気が付く」のに時間がかかります。

特に5月15日の新月以降は、これまでのあなたの「役割」がガラリと変わる暗示があります。

人は常に「変化」していくもの。

宇宙からの「変化の波」のエネルギーにのって、自分をワンランクもツーランクもレベルアップさせるためにも、自分との対話を心がけて下さいね♪。

答えはいつも「自分の中」にあります。


(美月撮影)

美月優璃